江戸城展。

昨日、後輩の子と両国は江戸東京博物館で行われている「江戸城展」に行ってきました。

江戸城展自体は、ものすごく目新しい!ってことはなかったけど、最後の3Dによる江戸城本丸の再現はすごく良かった。
3Dの技術の進歩はすさまじく(僕も日々最近のゲームで慣れているだろうに、何をいまさらといわれるかもしれないけれど)、これは感動する仕上がりでした。
というのも、数年前までの歴史展での3Dによる再現は見れたもんじゃなかったんです。正直。それがいまや、襖の絵の精緻さ、透かし彫りの再現、物体の質感、これは本当に舌を巻きます。

あと、江戸の町を徳川家康がゼロから創ったみたいな江戸幕府が作り上げたデタラメを廃し、太田道灌のことはもちろんだけれどもともと江戸にいた江戸氏という豪族のことからキチンと説明していたのは良かったです。

江戸東京博物館はなんといっても常設展が面白くて、ちょっとしたテーマパークみたくなっているのだけど、今回も楽しめました。

常設展は

f0013495_20181310.jpg


日本橋を再現したこの橋を渡ることでスタートします。
二階と一階とに分かれていて、二階では常設展の中の企画展、みたいな感じで定期的に展示を変えています。
今回は14代将軍徳川家茂のことを取り上げていました。ちょっとだけマニアックですね。

一階部分は江戸と文明開化以後の東京を戦後まで、建造物なんかを復元したり、ジオラマが一生懸命動いたり、とただ見学するだけではなく、体感できるつくりになっています。

f0013495_20235820.jpg

こういう江戸の町を再現したジオラマもあって、備え付けられている双眼鏡でその町を覗くと、まるで鳥になって俯瞰しているような気分になれて楽しいです。

f0013495_2026142.jpg

これは葛飾北斎のアトリエを再現したもの。なんだか老獪そうなおじいさんが80歳の北斎をイメージした人形。

f0013495_20274892.jpg

これは花街ゾーンにある原寸大の花魁の人形。
実際に見るとものすごく華やかですよ。


f0013495_20302175.jpg

明治東京ゾーンに行けばこんな、日本初の公衆電話のレプリカもあります。
「自働電話」と書かれてあるのもなんか可愛いです。

f0013495_20324385.jpg

こういうレプリカは大概、こうやって中に入ったりして当時の様子を体感できるようになっています。
この電話機は、受話器をあげると説明が聞けるようなつくりになっていました。

f0013495_20342152.jpg

ぼくの後ろにある塔は明治から大正期に浅草にあった「凌雲閣」という塔の模型。
「雲を凌ぐ」という名の通り、地上12階、52メートルの高さを誇り浅草の、というより首都東京のランドマーク的存在だったようです。
日本で初めて電動エレベーターが設置されたりもしたそうですが、故障が頻発してわずか1年間で使用停止になったようです。
そのため、一番上の展望室までは階段で行かなければならず、
かの石川啄木も

浅草の凌雲閣にかけのぼり息がきれしに飛び下りかねき

と詠むほどでした。
彼だけでなく、北原白秋や江戸川乱歩、芥川龍之介といった多くの文豪たちにも愛された凌雲閣でしたが、大正12年の関東大震災で半壊、その後、震災後復興の第一歩として、爆破処理されてしまったとのことです。


f0013495_2051729.jpg

当時の円タク。
タクシーのクセにフォード。
時代を感じます。


このほか、文化住宅とかいろんな建造物たちが迎えてくれる、江戸東京博物館。
特にいま東京に住んでいる人には興味深い展示になっていると思いますよ!
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-02-28 20:55 | 今日知る歴史
<< 辞世の句。 サクラサク? >>