カテゴリ:昨日見た夢( 9 )

kinkikidsと初詣と初夢。アケオメ。

みなさんあけましておめでとうございます。

今年は東京で迎えました。
両親が来ていて、昨夜は家に泊まったのですが、今日はホテルに行きました。
1日の夜に一人って実は初めてかも。


昨日から今までをレポート。

さて、昨日は予告通り、kinkikidsのライブに母親と行ってまいりました。
f0013495_0274089.jpg


みんなキラキラ光るライトを持ってて、ドーム内の照明が落ちた時、めっちゃめちゃ綺麗でした。

男なんているのかなあ、と危惧していたけれど、結構いました。
カップルが多く、中には僕と同じように、母親と、なんて人も。
MCでkinkiが言ってました。

「ここに来てる男は何しにきとんねん」

「キンキなんかより、ダイナマイト観に行った方がえんちゃうの」

と。

そう言われるくらい男が多かったんでしょうね。

「男だけで、光一〜って叫んでみてくれません?」
と客席を煽る剛。
すると

「こーいちー!!!!」(ダミ声)

おもろかったです。

ジャニヲタの母親曰く、キンキはもう落ち着きすぎてるね、と。客も若干年齢層高めで。
年齢層高めてるのはあなたなんですが。
やっぱり関ジャニがいいねって。

キンキはMCが多くて、案外面白かった。
なかなか歌、歌わない。
歌いながら剛が光一にちょっかいだしたりね。

3時間を越えるライブだったけど、ちょっと冗長に過ぎる。
ファンはいいのか。

ラルクんときも思ったけど、なんか僕、ライブって1時間以上は苦痛なんですよね。
だから外人のがあっさりしてていい。
oasisとかcoldplayとかのレベルで1時間ちょっとで終わりますからね。
そんくらいがいいよ。うん。

あ、あと、スクリーンに歌の字幕が出るんですね。


んで、ライブの後、兄と父が車で迎えに来てくれて、そのまま都内をドライブ。
そしてファミレスで昨年最後のご飯。


それから早稲田に行き、穴八幡宮神社で初詣。
f0013495_0283544.jpg


年明けの瞬間、ドーン、と太鼓が鳴り、並んでた参拝客がお賽銭を投げまくる。
それから、モッシュモッシュモッシュ。
お願いどころじゃない☆

でもさすが正月、だれも怒らず、みんなニコニコしながらモッシュ(笑)


そのあと、両親は僕の家へ。
僕は大隈講堂で年越しをした友達と合流。
大学の横にある、寳泉寺で甘酒をいただきつつ鐘つきをさせてもらう。
f0013495_0293382.jpg


それから早稲田にある友達の家に行き、彼にお雑煮を作ってもらってご馳走になる。
ウマかった。
f0013495_0324713.jpg


いや、いつもありがとうtkmrくん。
今思うと初食事でした。

5時頃家に戻り、両親の横で就寝。
何年ぶりかの川の字。

1日は朝から引っ越しに向けた大掃除。
せっかく東京にきたのにこんなことさせて両親には申し訳ない。。。

午後になって両親の宿泊先まで一緒に行き、ご飯を食べて、20時頃帰宅。

うたた寝してしまったら、初夢を観てしまった。

今の僕のまんまで温泉のある山に遠足に行ってる夢。
山登りをして、お茶を飲もう、と水筒のお茶を飲む。
なんか口の中でうにゃうにゃ動く。
うえってなって吐き出すと、細い、青虫がウニウニしてました。

なんて夢なんでしょう。。。

ブルーになってこんな時間です。


こんな感じで、また今年も進めて行きますんで、このブログを今年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by jai-guru-deva | 2008-01-01 23:30 | 昨日見た夢

辞世の句。

僕にとっては奇跡の連日更新。

明日から月曜日までちょと神戸に行ってきます。
しかも

飛行機で

わざわざ「飛行機」って文字を色変えてでかくしたのは、別にエキサイトブログが使いやすくなったから調子に乗ってるわけじゃない。



僕、


実は




飛行機怖いの。




でもスカイマークエアラインさんがとち狂ったように安い航空券を提供しているんですもの。

時期にもよるだろうけど、今回は羽田~神戸間往復で18,000円ですよ。

新幹線だと片道で東京~大阪間15,000円くらいするからこの安さはキ○ガイじみてる。

高速バスだと片道6,500円くらいからあるけど、10時間かかるからねえ。
前にも書いたけど全く眠れんし。
ただ、朝東京発、夜大阪着のスーパーシートのやつはかなり快適でしたが。
それでもまあ一日潰れちゃうわけで。

そういうことを考えれば怖くてもたった1時間足らずで神戸まで行けちゃってこの価格は、すごい。最適解だ。

飛行機から見る景色(雲海とか)はとても綺麗だから好きだけど、やっぱ怖い。


いやいやいや。
今回は飛行機の話じゃないのよ。
明日飛行機から景色が撮れたらまた書きます。

ということで本題。

「辞世の句」

以前からずっとブログでまとめてみたいと思ってた、戦国時代の武将たちの辞世の句。
それを今回記事にします。


戦国時代とか、幕末とかの激動の時代を調べていくと、男たち(とも限りませんが)が散り際に放つ辞世の句ってやつに必ずや、こころを打たれます。

ただし。

もちろん、武士たるもの、常に死ぬ覚悟を持ってお仕事をしているので辞世はちゃーんと用意してるもので、本当に死ぬ直前に読む人は珍しいと聞きます。



「おらー!天誅ー!」

「ぐわー!ちょwwwたんまwww辞世だけ詠まして」

「よかろう」





なあんてことはまあまずないわけで。




それでもたまには直前に詠む例もあります。例えば落城の憂き目にあってよし、これから切腹しよう、っていう時は比較的時間はあるので(敵も切腹を‘待っている‘わけだから)。


その例をひとつ。

織田家の猛将として名高い柴田勝家とその妻で織田信長の妹であるお市の歌。
お市は、もともと近江の浅井長政に政略結婚で嫁ぎ、長政が信長から離反して滅ぼされ、信長も本能寺に倒れた後は今度は柴田勝家のもとへ嫁いでいきました。

柴田勝家は一度は「うつけ」と呼ばれた若き日の信長と敵対していたものの、信長に敗れた後は忠誠を誓い、織田家きっての猛将として活躍し、織田家の家来筆頭であった人。
信長死後、羽柴秀吉との対立から、賤ヶ岳の戦いを起こすも、敗退。
居城である北ノ庄城を攻められ、お市とともに自害。

次はその時二人が詠み合ったといわれる歌です。



さらぬだに うちぬる程も 夏の夜の 夢路をさそふ 不如帰かな 
お市

(返歌として)
夏の夜の 夢路儚き 後の名を 雲井にあげよ 山不如帰 
柴田権六勝家

「そうでなくても(落城の憂き目に遭ったからというわけではなくても)短い夏の夜に死への旅立ちをせかすホトトギスですね」
「夏の夜の死への旅立ちは儚いものだ。死後に名を、雲の上まで届けておくれ、ホトトギスよ」

みたいな感じでしょうか。
なんか現代語訳するのは野暮な気もしてきます。

勝家はお市を逃がそうとしていたけれど、お市が一緒に死ぬことを願い出たといいます。
たった半年の結婚生活でしたが、二人の間にはしっかりとした絆が出来ていたのでしょうか。
それとも前夫、長政の時にも織田家旗下の秀吉に攻められ、落城の憂き目に遭い、またしても秀吉の手によって、夫が攻め殺されるという事態に陥り、秀吉の天下のもとで生きていく気などなかったのでしょうか。
僕は、そのどちらもだと思います。
本当に悲しい女性。
だからこそ、そこに凛とした美しさがあり、今も絶世の美女として讃えられているのでしょう。



次はうってかわって、ものすごい怨念を残した歌を紹介します。

織田信孝の辞世です。
信孝は織田信長の3男。
本当は次男だけど、母親の身分が低かったため、出生の届出が、本当はちょっとだけおそく生まれた織田信雄よりも遅くなって、3男にされてしまったようです。
そのためもあってか信孝と信雄はあまり仲が良くなかったようです。
さらに信孝は父信長の才気を最もよく受けついたといわれ、相当に優秀な人物だったそうな。おまけに容姿も信長そっくりで現在残されている、信孝の肖像は信長と瓜二つだったりします。
対して信雄はとっても愚鈍で、かのフロイスも「日本史」で
「オー、マジデ、ファッキンクソムスコダヨ~」
みたいな記述を残してます。


そんな信孝。
本能寺の変で信長が討たれた後、秀吉とともに明智光秀を倒し、見事、父の無念を晴らしたまではいいけれど、その後の清洲会議で秀吉に主導権を握られてしまい、憤慨。

先に出た柴田勝家と組み、秀吉に対抗しました。
ちなみにこのとき、ファッキンクズ信雄は跡目争いで邪魔な信孝を除くべく秀吉と行動。

けれどまだ26歳の信孝。
いくら信長の才気を濃く継いでいようと、老練なる秀吉の前には、どうすることもできず、北ノ庄で勝家が散った後は、立て籠もっていた岐阜城を秀吉に明け渡し、降伏。

1583年尾張国、知多郡野間(愛知県美浜町)の大御堂寺(野間大坊、平安時代末に源義朝が暗殺された場所)に送られ、迫られて自害して果てました。

その時の句。

昔より 主を内海の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前 
織田侍従三七郎信孝


「昔から、主君を討つ運命の野間(源義朝の故事から)であるから、こうなることも仕方あるまい。
しかしながら、古来よりそうして主君を討った逆臣は永くは続かん、報いを待つが良い羽柴筑前よ」

こう、辞世に名前を出されると嫌なもんですよね。
秀吉に対するものすごい怒りを感じます。

ただ僕はこの句を初めて知ったとき、不謹慎ながら興奮してしまいました。
というのも、こんなに生々しい歌はないでしょう。
通常、もっと情緒的なことを詠むのに、こんなに感情をぶつけているのが、ものすごく人間臭くて、ああ、本当に生きていたんだなあ、と思えます。
好き、と言っていいのか分からないけれど、僕はこの歌、好きです。そういう意味で。




こう書いてると、羽柴筑前、もとい秀吉がとっても悪役みたいなので次は有名な、秀吉の辞世でも。

僕が辞世の句というものの存在を始めて知ったのが、彼の句でした。
なので個人的に思い入れがあります。

露と落ち 露と消えにし わが身かな なにはの事も 夢のまた夢
羽柴豊臣朝臣秀吉



うーん。
現代語訳とかせずにこのままのがじーんとくる。絶対。

夢のまた夢…。


ところで、豊臣秀吉という呼称に関してですが、厳密にはこれ、間違いなんですよ。
けど歴史の教科書にもそう書かれてあるから仕方ないんだけど。

豊臣は、名字じゃないんです。
源平藤橘と同じく、本姓とよばれるもので、秀吉のために1586年に新設された姓。

本姓と名字の違いについて突っ込んでいくとかなり面倒なことになるので簡単に言うと、本姓は朝廷から賜った姓で、大昔の偉い人しか持ってませんでした。
氏姓制度というものがありますが、そのことです。
その後、名字が生まれて、公的な文章では姓が、私的な文章では名字が使われ始めて、
名字を使う機会が増え、逆に姓は使われなくなって、「本来の姓」くらいのレベルになってしまったようです。
よく誰々は源氏の出で。。。とか桓武平氏の。。。とかいうけど、まさにそれが本姓。本来の姓、ということになるわけです。
例えば織田家は平氏であると言われていますが、織田信長は
織田 平朝臣 信長
ということになります。
徳川家は源氏ということなので、家康は
徳川 源朝臣 家康

とこうなるわけです。
で、秀吉は名字自体は、木下から羽柴と変えてからは以後生涯通して名字の変更はしていないといわれています。
なので、羽柴秀吉は、羽柴秀吉なのです。
関白になろうが、太閤になろうが、朝鮮出兵しようが、羽柴秀吉は羽柴秀吉。




なんか長くなってきたので今回はこれまで。

辞世の句は連載化の運びとなりました。


ごきげんよう。

飛行機、無事、着きます様に。
辞世の句でもつくっとこうかな。。。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-03-02 00:16 | 昨日見た夢

新しいブログ。

突然ですが、新たにブログをたてました。
以前言ってた、描いた絵をアップしたりっていうのじゃないんだけど。。。

最近、僕は体調が優れなくて、体質改善がしたいな、と。
なので健康を志向するブログ。
「健康志向。」
というものをたてましたよ。
是非遊びに来てください。

べつに Lifestyles of Health and Sustainability、いわゆるLOHASに感化されたわけじゃないです。
実際LOHASがどんなものかもわかってないし。

ただ、健康でいることって大切なんじゃないか、と。当たり前かも知れないけど。
いままで、特に大学に入ってからは、自分の体にむち打って、タバコをぷかぷかふかしながら、不健康でやつれてるのがカッコイイとかって思ってたけど、それってやっぱりまちがってたのかなって。

今は健康でいることのがカッコイイと思うようになってきています。
例えば。
こういうことをいうのは恥ずかしいけれど、自分の大切な人がいて、その人を守ってあげなきゃならない、と考えると、やっぱり早死には出来ないし、なにより、自分の大切な人たちと少しでも長く一緒にいたいし。
とかって考えるようになり、こうしたブログを作った次第でございます。

コールドプレイのクリス・マーティンはお酒もタバコもやらないそうですね。
それは奥さんを愛しているから。
だからこそきちんとセックスもしたいし、ずっと長く一緒にいたい、みたいなことをインタビューで言ってた。


てなわけで、こことあわせて楽しんで頂けたら幸いです。

健康志向。

リンク欄にも載せときます。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-07-26 01:38 | 昨日見た夢

撮りためてたもの。

なんか暇なので撮ったはいいけど、日のめを見なかったやつらでも載っけてみます。


【六本木ヒルズ】

f0013495_437675.jpg

ヒルズに夜行ったときの写真です。

f0013495_4374189.jpg

東京タワー。

やっぱ手で撮るとブレますな。
夜景を綺麗に撮ってみたい。

【横浜】

f0013495_4491933.jpg

横浜プリンスだかに泊まった時に窓から撮った写真。



【椿山荘やら】

f0013495_4534540.jpg

時期外れの
梅ー。

f0013495_4551466.jpg

桜ー。

f0013495_4552976.jpg

桜ー。

f0013495_4554523.jpg

桜ー。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-07-05 04:59 | 昨日見た夢

懐かしい写真。

部屋の掃除してたら、高校の卒業式の写真が出てきて、ちょっと面白い写真だったから載せてみます。

僕が、どうしてもアビイロードで撮りたい!!ってわがまま言って友達に付き合ってもらった写真です。


f0013495_038845.jpg


左から二人目、ポールの位置にいるのが僕です。
ちゃんと裸足になってますね(笑)
高校生だから、タバコは持てないので、実際のアビイロードのポストカードを持ってます。

一番右のジョンの位置の友達が、かなりいい動きしてます。


ちなみに実際のアビイロード↓


f0013495_0445411.jpg


本気でビートルズに心酔してた時期だから友達に迷惑かけることも厭わなかったんですね。
付き合ってくれてありがとう。いい奴らだ。
みんないま何してるんだろうなあ。。。

まるでほんとのビートルズみたいにバラバラになってしまいましたが、きっとみんな元気でやってることでしょう。

ではまた。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-06-29 00:47 | 昨日見た夢

昨日見た夢と今日知る現実別館準備室。

受験勉強とかしてると、やたらと自分の趣味が明確になってくることってありませんか?
自分がちょっとだけ忙しいときって、なんとなく。あれやりたい、これやりたいって。
けど、結局暇になったら何もやらなかったりする。
マジで忙しかったりするとそんな趣味のことを考えることも無くなるんでしょうけど。

そんなわけで。

いま、すこしだけ勉強めいたものをしている僕なので、絵を描きたい衝動に駆られる毎日でございます。

なので。

勉強のあいまあいまに描きためた絵なんかを、いっそのことみんなに観てもらえればこれはなかなかうれしいんではないか、と考えた次第であります。

近々、別館として、ギャラリー的なブログをつくろうかと画策中なので、出来たらまたお知らせします。

では。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-01 11:07 | 昨日見た夢

中3の社会のテスト。

昨日見た夢を書くというコンセプトにも関わらずまったく書いてないことに気づきました。
初夢のことすら書いてない。
いまとなってはもう初夢なんて忘れてしまったけど。

なので今回の投稿は昨日見た夢日記です。

見覚えのある校舎。懐かしい制服。
ここは僕の母校、長船中学校。
僕はどうやら中学生の頃に戻ったようでした。

授業が始まる。
次が何の授業か分からないがみんな次の授業が行われる教室へと走っていく。
そこはとても綺麗な教室で、家庭科室と書いてあった。
家庭科か。でもこんなとこに家庭科室なんてあったっけ?しかも綺麗すぎる。

「こんなとこに家庭科室なんてあったっけ」
「何いっとん、前からあったが」

僕は合点を得ないまま教室に入る。
後ろから入ろうとしたが、何故か柱があって入れないので前から入った。
そこには僕が中1の頃の担任と高1の時の副担任(お二方とも僕が大変お世話になった先生)がいて、生徒は長中時代の連中ばっかりだった。

僕の席は後ろから二番目。
妙な形の机だった。後ろには小学校時代のガキ大将。

その日はどうやら授業ではなくテストのようだった。
歴史のテスト。
なんで家庭科室で、、、?

そんなことを疑問に思う暇も無く解答用紙と問題用紙が配られ、テストが始まった。
僕は解答用紙の名前を書く欄に学年を書く欄があったが自分の学年が分からなかった。
先生が板書する。どうやら僕は2年生らしい。中学2年。

夢の中で僕は自分の存在を疑い始める。
何かおかしいぞ、僕は中学生なはずがない。
大学に通っているはずだ。

何かの拍子で時間が過去へとさかのぼったのか。そんなことあるのだろうか。
けれど現実に僕はいま中学にいる。
過去に来てしまったのだ。

そう気づいたとき、僕はひどい絶望に襲われた。
過去に戻ることがこんなに辛いことだなんて思ってもみなかった。

嫌だ、
戻りたい。
大学生の自分に戻りたい。
苦しい苦しい苦しい苦しい、、、、


瞬間、ふと思った。


ーこれは夢なのでは。













僕は夢から覚めた。
起きる予定の時刻より少しだけ寝坊していた。




はいはい、ワロスワロス
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-02-16 13:09 | 昨日見た夢

今日は寝てない。

f0013495_555661.jpgそういえばこういうのも恥ずかしいんだけど、僕はoasisが好きで、みすちるやびーずを好きと公言するくらい恥ずかしいんだけど、やっぱりoasisが好きなのです。
ファッションはリアム(vo 右)を意識してきたし、歩き方、仕草なんかもいちいち真似してました。マジでイタい。
この前の来日公演(11/18,20,21代々木第一体育館)も19と21に当然のように行きました。
アジカンのごっちもいたそうな。もちろん客として。
いやーそりゃもうかっこええ。最初のFUCKIN' IN THE BUSHESなんて泣きそうだった。一緒に行った友達もきっと。。。
もう客観視できません。

なんだけど、かなしいかな、感受性というものが衰えていってるのをすごく感じました。僕が高校生のころならおそらくもっとこころのそこから震えてたんじゃないかな、、
とかって書いてる側から横に居る先輩に「そりゃちげーべ」と言われました。
先輩曰く
「それはお前が衰えてんじゃなくて、成長したのだ。高校ん時はoasisしかなかった世界が今はもっと広がって興味が分散したんじゃないのかい?ん?」

ー確かに。

そう考えりゃ、やや上向きだわな。高校のときからしたらいろいろ知ったもんなあ。
ひとつのことに集中できてた(せざるを得なかった)あの頃も幸せだったけど、そうやって徐々にオトナになっていくものか、、、。

で、そんなoasis大好きな僕ですが、好きすぎるとやはり夢を見てしまうもので現れましたよ。リアムとノエル。
その夢を説明する前に僕のバックグラウンドを紹介する必要がある。
僕が所属してたサークルは学祭でフリーライブイベントを企画運営するのが主な活動で、もちろんアーティストのブッキングなんかも自分たちでやるんだけど今年それが難航してて、僕はちょっとナーバスな気分でバーサク状態に入り、oasisを聴きながら現実逃避の旅にでました。

と、そこでうとうとしてたらいつの間にか僕は何かのフェスの会場にいて最前でoasisを観てました。興奮しすぎた僕はモッシュ、ダイブ、全裸、悪逆非道の限りを尽くしていました。
するとリアムが言いました。
「おい、ファッキンクズ野郎がいるぜ。あとで楽屋に来な!」
感涙した僕は何故か都合よくその場にいた帰国子女の友達とともに楽屋に行きました。
リアム「レズビアン」
僕「あ、えっと、最高のライブでした!実は僕、大学で云々。。。」
リアム「で?」
ノエル「俺らにその学祭に出ろってか?」
僕「あ、いえ、あ、はいっ!」
ノエル「オーケー。クレイジーな君に免じて出よう。」
そこで僕のケータイが鳴って起きました。枕がはもううれし涙でびっしょびしょ。
で、電話にでる。
僕「はい、katsuyaです」
※「あ、◯◯レコードの△△ですが」
僕「あ、お世話になっております。」
※「この前声かけてもらったアーティストなんだけど、スケジュールがうまく合わなくて今回はむりぽ。ごめんねーw」


僕の枕は再起不能になりましたとさ!
[PR]
by jai-guru-deva | 2005-12-05 05:08 | 昨日見た夢

どうも。

f0013495_1475711.gifどうもjai-guru-devaもといkatsuyaです。なんか自分の下の名をだすのがすごいはずかしいです。こうローマ字で書くともはや激痛。

さて毎日の活性化のためにブログをおったててみました。
もっと刺激的に毎日が送れればな、と。



最近やたら夢をよくみるようになったんです。酒飲んで寝た日なんて特に。
それを、僕が見た夢を中心に、このブログ構成してこうかな、と思ってます。

ちなみに昨夜みた夢はサークルの友達とみんなでハナレグミ(スーパーバタードッグかもしんない)のライブ見に行こうぜっていいながらめっちゃ土砂降りの中サークルとは全然関係ない地元の友達をまってました。

その地元の友達は実際今日遊ぶ約束してて。なんか夢と現実がごっちゃになってますた。サークルの友達がでてきたのもきっと昨日がサークル引退式だったからかな。
名残惜しいのかな、結局。

そんなかんじで。
どうぞよしなに。

僕の夢を占ってくれるひと募集。
[PR]
by jai-guru-deva | 2005-12-05 01:48 | 昨日見た夢