<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

宇治平等院と智積院。

先週は土曜日が完全休講になったのでふらっと京都に出かけてきました。
今回はいままで行きたい行きたいと思ってはいたものの行けてなかった宇治の平等院と、東山七条の智積院に行ってきました。

京都駅からJR奈良線に乗り込みます。
快速もあるんだけど、なんか味気ない電車なのであえて緑の各停に乗り込みます。

f0013495_23113552.jpg


天気は生憎の雨ですが、初めての宇治の地にドキドキしっぱなしで電車に揺られ、20分ほどかな?
宇治駅に到着。
平等院を目指す。

【宇治川、宇治橋、宇治十帖】

f0013495_239447.jpg

雨で増水してやや流れが速い宇治川と宇治橋。
宇治橋は646年に奈良元興寺の僧「道登(どうと)」によって架けられた日本最古の橋と言われているそうです。
宇治橋は交通の要衝であったためか、幾度も戦乱に巻き込まれて焼失したり、流失したりしてそれでも何度も架け直され現在に至っています。
現在の橋は、従来の伝統的な木橋のイメージを残しながらもさまざまな土木技術が駆使され、平成8年3月に完成したものだそうです。

ここ宇治川では、宇治川の戦いといって、源義経が平氏を破った場所でもあるのですが、そのわずか3年前の1180年には、同じ源氏の源頼政が後白河上皇の第三皇子以仁王と共謀して平氏打倒のための戦をおこして平等院で敗死したという歴史もあります。
この以仁王の乱が後の源氏による平氏討伐の糸口になったということです。

ちなみに源頼政は平等院で自害していて、切腹したといわれる場所とお墓もあったので、お参りしておきました。


f0013495_23103936.jpg

宇治橋上から南東を見る。
赤い橋がかわいい。

f0013495_237222.jpg

ここは源氏物語の最後の宇治十帖におさめられている現存最後(だっけか?)の第五十四帖「夢浮橋」の舞台とされているところで、紫式部の像と小さいながらも整備された公園がありました。
源氏物語はもちろん架空で「夢浮橋」なんて存在しないんだけど、なぜか源氏物語って実在のものと錯覚してしまうことがあります。
古いもので、いまの感覚とかけ離れているから何がリアルでなにがリアルじゃないかわからなくなっているからだろうし、むしろ僕たちは源氏物語をとおして平安の宮廷文化を学ぶとこもあるから現代人であるぼくたちにはあの物語がノンフィクションに見えてくるんだろう。
僕は源氏物語に詳しくないんで、
宇治探訪ー源氏物語と宇治ー
を参照してみてください。



【平等院】
さて平等院です。
夢にまで見た、平等院。「昨日見た夢と今日知る現実」ってこういうことか。
やっぱりきれいです。

f0013495_23161451.jpg

写真を何枚か撮ったんですが。
うまく全体が入らなかったので斜めからとかになってしまったけど、実際あのシンメトリーな佇まいを見ると嘆息してしまいます。
うっとり。

f0013495_2382584.jpg

松と鳳凰堂。

f0013495_239369.jpg

向かって右横から。

平等院鳳凰堂というのは別名で、本来は阿弥陀堂といいます。
阿弥陀堂の中にはそれはとても立派な阿弥陀如来がおわします。
中に入らせてもらって実際に拝見したけれど、本当になにもかも、包んでくれそうな柔和なお顔でしたよ。
いま、堂内は平成の大改修中で飛天のように阿弥陀仏のまわりを飛ぶ雲中仏やきらびやかな金色の天蓋なんかを一緒に見ることが出来なかったのは残念だけど、雲中仏に関しては併設されてある宝物館で見ることができたからよかった。
天蓋については今まさに修復中なのでお目にかかれなかったですが。
全部そろったら壮観なのだろうなあ、と想像してみる。
また来るときの楽しみにしときましょう。

阿弥陀堂を撮った動画ものっけときます。是非見てくださいな。

平等院阿弥陀堂平等院


しかしこの時期は、修学旅行生がかなりいる。
いや、いいんだけど、いいんだけどさ。
たいてい興味ない子ばっかなんだよな。仕方ないんだろうけど。
興味ないだけならいいんだけど、境内を奇声をあげて走り回ったり、宝物館のガラスケースをガンガンたたいたりとか、まじでやめて頂きたい。
お前ら、もう中学生だろ?
ちょっと度が過ぎるので言ってやろうかとおもったけど、どうも、やっぱり言えなくて(気が弱い)。
先生は何をやっているのか。
興味ある人だけにして欲しいけどそうはいかないもんなあ。
初めて来てみて興味持つ子だっているだろうし。
なんてことをブログなんかで愚痴ってもどうしようもないですね。
あーかっこわる。

平等院



その日の夜は先斗町で、以前紹介した「炭寅」というお店でご飯を食べました。
やはりかなりおいしい。
京都に行くことがあれば是非言って欲しいお店です。
以前一回行っただけなのに、お店の人はちゃんと覚えててくれた。
「ああ、東京から来てくれてはる方ね」
みたいな感じで。
すごくうれしかったです。

社交辞令であっても真に受けたいな、真に受けたいな。

とにかく炭寅は料理のうまさ、酒のうまさもさることながら、接客、店員さんの心配りがすごく心地いい。
一度行くと絶対また行こうって思う。
僕がいままで行った中で間違いなくナンバーワンの飲み屋であります。
また、今回もお腹がはち切れそうになるくらい食べさせていただいて。
ごちそうさまでした。


さて
日は変わって。

27日土曜日は晴れてくれて、大変過ごしやすい1日となりました。。
この日はお昼に、親子丼で有名な東山の「ひさご」というお店に。
yahooグルメ

f0013495_2312615.jpg

これがその親子丼。
卵がとろとろですーんごくおいしかった。


【智積院】
お昼ご飯を食べて、東山散策。
宇治金時のかき氷なんかを食べつつ、今回は智積院に行ってみることにした。
三十三間堂や京都国立博物館なんかがあるところに一際目立つ智積院。
以前から行ってみたいなと思いつつも行かなかったんだけど、今回初見学が叶いました。

そもそも真言宗智山派の総本山である智積院だが、元は豊臣秀吉の子で3歳で死去した鶴松(秀頼の兄にあたる)の菩提寺として建てられた祥雲寺の寺域であったようです。
智積院自体が元々は紀州高野山で覚鑁(かくばん)というお坊さんが建てたもので現在ある土地とはまったく関係がなかったと。
ちなみに覚鑁は真言宗再興の祖として興教大師という名で日本真言宗の祖、弘法大師空海と並び称されています。

で、なんでその智積院が京都の現在の地に来たかと言うと、高野山の智積院が、時の天下人豊臣秀吉と対立して、全山焼き討ちにあった(!)ことに起因します。

秀吉にひどく恨まれた智積院でしたが、その秀吉亡き後、徳川家康によって、現在の場所の寄進を受け、そこを新たな智積院と定めたのが始まりのようです。

そんな智積院。
ともかく庭園と長谷川等伯らによる障壁画の数々が素晴らしかった。

f0013495_23124134.jpg

これがその庭。
ほぼ近世、上記の祥雲寺のころの庭が残っているそうで、素晴らしい眺めでした。
軒に腰掛けているのは修学旅行中の中学生。
この子たちに写真を撮ってくださいと言われたので撮ってあげて2,3会話しました。
どうやら埼玉から来てたそうです。とても感じのいい子たちでした。

f0013495_23131140.jpg

この庭の山は「廬山」を、池は「長江」をモデルにしているそうです。
廬山というのは世界文化遺産にも指定されている中国の名勝です。


f0013495_23134014.jpg

どうやらこの5月下旬から、六月上旬が庭のみごろのようで、運良くその時期に合致しました。
ふきぬける風と鳥の声、新緑。
これほどの癒しの空間というのはなかなかないのではなかろうか。
動画も撮っておいたのでどうぞご覧下さい。

智積院智積院庭園



障壁画もすごい。
かの長谷川等伯の

f0013495_23401177.jpg

楓図。

f0013495_23404120.jpg

松に立葵図。

f0013495_2341699.jpg

コチラは桜図。これは等伯の子、久蔵の作。
久蔵はこの絵を描き上げた翌年に26歳の若さで亡くなってしまっています。

上記、いずれも国宝。
安土桃山の勇壮豪快な筆致は圧巻。
等伯の絵を観るのは初めてだったけど、対峙するときなにか鬼気迫るものがありました。

智積院


こんな感じで今回は二つだけだけど、充実を持って巡れました。
1日にいくつも史跡を回るよりもやはり濃密にすごせました。

京都旅行の参考になればうれしいです。

ついでなので以前の京都旅行の記事へのリンクも引っ張っときます。
それでは。

2006.2.22-23京都①
2006.2.22-23京都②
2006.2.22-23京都③
2006.2.22-23京都④

2006.3.29頃 神戸大阪京都
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-31 04:21 | 今日知る旅行

赤い部屋。

結構有名なのでご存知の方も多いかもしれません。
通称 「赤い部屋」と呼ばれるフラッシュ。

今回はこれを紹介します。
※怖いので、苦手な人は注意。

赤い部屋





いかがでしたか??



消してしまいましたか?
ふふふふ。



赤い部屋のパロディで青い部屋っていうのもありますが、クダラナイです。
※パロだから怖くないけど音量に注意。


今日はコレだけです。
明日あたり、おとといまで出かけてた京都日記を書きます。今回は宇治平等院と智積院に行ってきたのでお楽しみに。

では。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-30 01:19 | 今日知る面白

今日は本を二冊ご紹介。

の前に。
今日は渋谷appleでお買い物。
iPod nano 4GBを購入。
ただし僕のじゃありません。
彼女へのプレゼントなのですが、いやー、ちっちゃいねえ。

帰って早速開封(笑)

f0013495_20273056.jpg

左が僕の30GBのやつ。
右がプレゼントのnano

これに4GB入るのは、今更ながら恐れ入る。
4GBで約¥27,000
30GBは約¥34,000
単純に値段と容量だけみたら断然30GB買いじゃないかと思うのだが、nanoの需要とは一体何処にあるのだろう?
今回は、女の子へのプレゼントだから小さくてカワイイのと小さなバッグでもかさばらずに持って行けそうだからこれにしました。
30GBも入れてもまあ聴く曲なんてほとんど決まってるし。
ほかにnanoを買うメリットってなんだろう?教えてエロい人。

開封しちゃったお詫びと言うかついでに僕のiTunesの曲から好きそうなのをチョイスして入れてあげようと思うのだけど、そういえば相手はwinでこっちはmac。
winにつないだ瞬間初期化されちまうじゃねえか!ジーザス!!

と思ったけどとりあえず入れといてあげよう。むふふ。

Beatlesとoasisだけで2GBくらいあるからイタいiPodになりそうだな。。。
いくらか端折らないと。



さて、タイトルの本について。
最近読んだ本で面白いものを二冊紹介します。

f0013495_20455629.jpg

「グーグル—Google 既存のビジネスを破壊する」 文春新書  佐々木 俊尚 (著)

グーグルの世界統一の野望が分かりやすく紹介されている。
既存のビジネスがグーグルによって破壊されつつあるガクプルな事実が目の前で繰り広げられて行く。
グーグルニュースが紙媒体のあり方を変える。
グーグルネットというものが誕生し、通信産業は破壊される。
アドワーズが広告を変える。

グーグルは僕たちの見えないところで全てを司る神となろうとしている。


f0013495_2143566.gif




とか言ってるうちにほら、アドワーズが動画広告始めちゃったようだよ。
Internet Watch [グーグル、アドワーズで動画広告が利用可能に]
知らないところで着々と世界は動いています。
僕も何らかの形で世界を回してみたいと思うのでした。



さてもう一冊は
f0013495_217122.jpg

「小泉は信長か—優しさとは、無能なり 」幻冬舎文庫 大下 英治 (著)

小泉総理についての伝記的なものです。
もともと僕は小泉総理の清廉潔白な姿勢と冷静ながらも内に秘める攻撃性には好感を持っていて小泉さん大好きなんですけども、この本でさらに好感は深まり、大人物の器というものを知りました。
きっと後世に名を残す総理であろうと思います。

総理を任期で辞めた後は隠居して好きな酒を飲んで暮らすそうです。
カッコイイ。
中曽根さんのようにいつまでも老醜をさらして院政みたいなことをするのは御免被りたいのだろう。

小泉さんは何かとあれば自分を織田信長に例える。それがこの本のタイトルの由縁なのだけれど、本当に戦国時代の武将が好きみたい。
そこも通じるとこがあってシンパシーを勝手に感じたり。

昨今の政治劇がドラマのような展開で描かれる、ノンフィクションドキュメンタリー。
読み終えた後には何か、爽快な気分になる。
ひとつの歴史物を読んだような感覚。
小泉総理の爽快な政治がそうさせてくれるのだろう。

小泉反対!と言っている人たちに読んで欲しい。
NO、NOの一点張りの人たちに。
YESを言わなければ話は進まない。

学校なんかでもよく時代遅れの馬鹿がNONOと声高に叫んでいるけれど、小泉さんは、多少の間違いや暴挙もあったけど少なくとも「YES」と言ってきた。
それを知って欲しいと思いました。

村上春樹は、学生運動のまっただ中の早稲田で、「NOしか言えない人たち(自分も含めて)に嫌気がさして運動をやめた」と言っているし
ジョンレノンは「YESと書いてあったから。否定的なNOと書いてたらヨーコとは付き合っていない」と言っている。

なんだか分け分からなくなってきてしまったけど、上記二冊、オススメします。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-25 21:29 | 今日知る書籍

XFMの殿堂候補。

イギリスにXfmという素晴らしい音楽ラジオチャンネルがあるという。
Xfm Online
Xfmについてはここに詳しい→BRITISH COUNCIL japan

このXfmが<Xfm Hall Of Fame>をスタートすることになったようです。
毎年、歴代の偉大なバンド、ソロ・アーティスト1組を選択、栄誉を称えるということらしい。
既に候補は5組に絞られていて、以下がその候補者。



The Clash
f0013495_16381322.jpg


言わずと知れたパンクの伝説。London Callingのジャケはやっぱりカッコイイ。
f0013495_16411398.jpg




MUSE
f0013495_16441192.gif


やっほー!我らがミューズ!彼らのステージは本当にこの上なく楽しい。
この写真、カッコイイなあ。


NIRVANA
f0013495_16492585.jpg


今年はLAST DAYSも公開でまたNIR人気が加熱。
僕はそんなに好きじゃありませんが。


oasis
f0013495_16523116.jpg


ブリットポップの勝者。
まだ選ばれるんですね。


radiohead
f0013495_16544054.jpg


今回候補に挙がったグループの中でも最も音楽的進化を遂げ、現在もその進行形であろうとおもわれる、レディへ。
最も受賞に相応しいように思える。


以上5組。
今週日曜日(5月27日)に、ミュージシャン、DJ、音楽関係者からなる審査委員会がこの候補者リストについて討論する特別番組を放送し、受賞者は30日に発表されるようです。
Xfm.co.ukで一般からの投票も受け付けています。

参考:BARKS


個人的にはMUSEかレディへがいいなあ。
というかあまりにイギリスよりな選考ですよね、これ。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-24 17:05 | 今日知る音楽

ジューンブライド

f0013495_17212498.jpg


WEEZERのリバース・クオモが結婚するらしいですね。
しかも日本人女性。

彼の日本びいきは有名だけど、生涯の伴侶まで日本人。
うれしいです。純粋に。おめでとうございます!
二世誕生が待ち遠しい!!
f0013495_17223992.jpg


昨年の単独来日公演ではMCですでに婚約を発表してたってね。サマソニでは言ってなかったと思うけど。

挙式も日本で行い、6月18日の予定とか。
どこだろう??フォーシーズンズとかかな?もっといいとこかな?
f0013495_1722538.jpg


ちなみにいまリバースたんはハーバードに復学中。
この8月には全課程修了予定だそうだ。

ウィーザー挙式予定
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-23 17:23 | 今日知るニュース

これってまるであれじゃん。

ローリーズファーム、というブランド(?)がありますよね。渋谷パルコ新宿ミロードなど、他にも全国いたるところにある、女の子のためのリーズナブルでカワイイ服屋さん。
女の子はこういうお店が結構いっぱいあって男としてはうらやましい限りなのですが、今回はそれは置いておく。
そのローリーズファーム、今年15周年らしく、イベントを行うとのこと。
そこに出演するアーティストが僕にとっては勝手に馴染み深いアーティストばかりなのです。


Polaris
曽我部恵一BAND
NIRGILIS


ちょwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwこれwwwwww


早稲田のUBCとかいうサークルが呼んだアーティストたちジャマイカ。

UBCというのは、簡単に言うと学祭で入場無料のライブイベントをやってしまおうという全員で30人程の学生集団なのですが、そのUBC-jamというイベントで過去に呼んだアーティストとかぶってるのです。
早稲田大学UBC

そのローリーズファームのイベントは大阪と東京で行われる模様。
アーティストは他に
flex life
SOECIAL OTHERS (東京のみ)
CUBISMO GRAFICO FIVE (大阪のみ)

またDJとして
松田岳二
高橋孝博(HALFBY)

が参加。

東京 6月17日(土)
恵比寿 The Garden Hall
15:30開演
22:30終演

大阪 5月28日(日)
なんばHatch
15:30開演
22:30終演


なかなかのボリュームですが楽しめそうです。
一般前売りチケット¥3,500
安い!!

このイベントの詳細はコチラ→Side of LOWRYS FARM

LOWRYS FARMについてはコチラ→LOWRYS FARM
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-21 12:56 | 今日知る音楽

資生堂「MAQuillAGE」と「TSUBAKI」

薬局に行って資生堂「TSUBAKI」のポスターを見て、女優の使い方が同、資生堂の化粧品「MAQuillAGE」を踏襲しているように感じた。

もちろんまだ「MAQuillAGE」ほど徹底されているわけじゃないからそれぞれに性格付けなんかがなされているわけじゃあないのだろうけど。

ふたつのブランドの女優を見比べてみよう。

【TSUBAKI】
仲間由紀恵さん
田中麗奈さん
上原多香子さん
広末涼子さん
観月ありささん
竹内結子さん

【MAQuillAGE】
篠原涼子さん
栗山千明さん
伊東美咲さん
蛯原友里さん


もちろんTSUBAKIはヘアケア用品だからそれにあった女優、MAQuillAGEは化粧品でそれにあった女優なのだろう。

ところでこの顔ぶれだとMAQuillAGEの方が、なんか好感が持てる気がするのです。女優が。
僕個人的な意見ですけど。
MAQuillAGEはドラマまで見てしまう程で、CMで流れれば絶対にチャンネルは変えません(笑)
実際の商品である化粧品がどう、とかは僕には分かりませんが。
篠原涼子さんが可愛すぎます。


「キスした」

萌え(*´ρ`*)


蛯ちゃんはCanCamのモデルやってるときはそんなにピンとこないんだけど、MAQuillAGEだとかなり素晴らしい。やっぱりもとがすごく綺麗な人なんだなあ、と。
僕がCanCamぽいの好きじゃないっていうだけのことだったんだなあ。
化粧と着る服ひとつで印象は随分変わるもので、女って怖い。。。



TSUBAKI
の方は、なんだろう、確かに女優の並びだけ見てみるとすごいんだけど、写真でそろったときあまりに統一感がなさすぎた。
もちろんMAQuillAGEと違ってシャンプーとかだから外見で統一感を出すのは難しいと思うんだけど。
それにしても売りである、「日本女性の髪の美しさ」というのもこの女優陣だといまいち伝わらない気がした。
仲間由紀恵さんくらいじゃないかなあ、それっぽいのって。
でも「東京湾景」以降、どうも韓国人に見えて仕方ない。

多分、MAQuillAGEみたいにブームになるのは無理だろうと思うのだけれどどうでしょうか。
これでまたドラマ化したらどうしよう。

ホームページも見比べてみてください。

MAQuillAGE
まずBGMが格好よすぎるんですけど。名リフですな。
いろいろいじれて面白いサイトです。


TSUBAKI
重いです。
「TSUBAKI Happy Story」のサクラっぽさと、動画編集のセンスは僕にはいまいちに映りました。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-15 13:07 | 今日知る現実

恥ずかしい。

松岡修造公式サイト
ちょっと前に2chでスレがたってたようですが。。。
とりあえずリンクから応援メッセージをきいてください。

すげえよ、アツいよ松岡修造。
半端ねーよー。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-14 13:34 | 今日知る現実

google desktop

google desktopのMac版はでないものか。
調べてると2004年の10月に一度、Mac版をつくっていると発表があったんだけど、それは頓挫??

あるとかなり便利なんだろうなあ。
こういうとき、win機がうらやましくなる。


で、google desktopを調べて行くとgoogleの意外なセンスが見えた。

f0013495_2422620.gif

google desktop Gadgets


Hey Now!


oasis好きにはたまらない、駄曲。
とにかくとってもかったるい曲なのだ。
名盤と言われるモーニンググローリーに入ってるからなおさら駄曲っぷりがあからさまになる。

けれど決してきらいじゃありません。

しかし、ブリットポップ全盛の十数年前ならまだしもこの2006年にoasisを持ってくるセンスには脱帽です。





googleさん、
本当にありがとうございました☆
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-14 02:51 | 今日知る現実

iPod携帯とはなにものぞ。

「iPod携帯」開発検討 ソフトバンクと米アップル 朝日新聞

なんかもう置いてけぼりなんすけど。
ぽつーんです。

ちょwwwwwwおまwwwwwwwwww
進み方はやすぎ。

iPod携帯だなんて、必要なのですか。
もういいじゃん。
僕のauのneonくんでも音楽聴けるぉ。LISMOっていうんだぉ。

でもね、






Mac非対応




アフォか。



ということで僕はiPodはiPod、携帯は携帯、と使い分けて日々を送っているのですが、こういう生活ももはや旧時代のものになろうとしている。。。

ソフトバンクのねらいは見え透いていて、アップルは虎視眈々な気がする。


アップルの最終的な狙いはPCを売ることだと思う。
だからiPodの成功はいくつかの皮肉を生んだ、と僕は思うのだ。

携帯音楽プレイヤーメーカーとしての「アップル」の名声がそのひとつ。
iPod以前のアップルなんて、たまにその斬新なデザインのPCが話題になるくらいでほとんど話を耳にしなかった。少なくとも僕は。
偉そうに言っても僕自身、Macを使う頃にはiPod第1世代が発売されていたくらいの頃で虹色のリンゴマークを知らない。
OS はXからで、クラシック環境なんて実際意味不。

だけれども言わせていただこう。

iPod以降、猫も杓子もiPod、iPod。アップルアップル。わっしょいわっしょい。

ほとんどPCメーカーだってことなんて忘れられている。
iPodは初期環境設定で、Win用設定にされている始末。

日本でアップルの名は浸透した。
少なくともiPodを知らない若者はいないと言ってもいいのではないか。
商品が社名を越えることは特に問題じゃない。

皮肉は、PCメーカーということを忘れられている点にある。


けれどもアップルは当初の目的を忘れてはいない。

iPodというのはそもそも、CD,MDプレイヤーの進化系ではない、と僕は思っている。
というか、間違いなく進化系ではない。全く別個のものだ。

もっと大いなる野望を秘めている。

iPodだけではもちろん音楽は聴けない。
iTunesというメディアが必要である。

そのiTunesはMacPCにプリインストールされているもの。

「おいおい、PCが必要じゃん」

「仕方ない、Mac買おうぜ」

となるのが本来のあるべき姿であり、アップルの目論みだろう。

そしてiTunesでMusic Storeを利用し、ダウンロード→iPodという流れがもっとも理想的なはず。


ソフトバンクとしては携帯にiPodをつけるだけで、ブランディングできてdocomoとauとも渡り合って行く為の重要なツールと目論んでいるのだろう。当然。

けれど、アップルとしては上記のような構想がある。

>「おいおい、PCが必要じゃん」
ということがソフトバンク携帯のユーザーは当然知ることになるだろうが、ここがポイントとなるはず。

これがただのiPodなら、
「仕方ないPC買うか」
となるかも知れないが、携帯の場合だと多くが
「仕方ない、auにするか」
などとなってしまうと思う。

つまり、ソフトバンクはiTuneを通さずとも直接音楽をダウンロードするようなシステムをつくらなくては、これってあんまり成功しないんじゃないのかなあ、なんて思うのでした。


ジョブズ氏の野望に飲み込まれないように。。。
[PR]
by jai-guru-deva | 2006-05-13 23:17 | 今日知るニュース