<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カントリーマアムが食えない件。

不二家の件でやんややんや言うとりますけど。

大手スーパーやコンビニからは、ナマ洋菓子だけではなく、製造工程が違うものも撤去されてるようですね。

いや、別に不二家のお菓子が食えなくても別に問題ねえな、と思っていたんだけど、


カントリーマアムがねえ!!!!



いや、カントリーマアムが不二家が卸売りしてるお菓子だと、知らなかったんです。
カントリーマアム、バニラ味の方が好きなんです。

カントリーマアムは取り上げないでよー!

あのファッキンカロリーは一人暮らしで自炊もしない僕には、かなり重要な栄養源だったんだよー。


雪印の時は、べつに
「雪印がないなら、明治のを食べればいいじゃない」
とマリ・アントワネット的な感じで切り抜けられたけど、カントリーマアムに変わるものはないのよ、この世に。

どうしてくれるんだ。ああ腹減った。カントリーマアム食いてえ。

けど、こういう問題があるから食品メーカーってコワイ。
就活してる身だから、そういう視点から見ると超コワイ。

好奇心でホームページ見てみると…
不二家ホームページ
こんな有様。

新卒採用とかどうなってるんだろう。
そんなん最も下位の事項なんだろうな、こういうことが起きたら。
ライブドアんときもそうだったけど、一番悲惨なのは内定者だよなあ。。。

ペコちゃんだけに、ペコり(NGワード)。

…で済む話でもないものね、きっと。
社会ってのはせちがらいぜ。


ところで、そのペコちゃん。

店頭のショーケースから不二家の洋菓子類は撤去。ただ、同店独自の商品「ペコちゃん焼」は原材料を直接調達していることから販売。小麦粉、卵などを混ぜた大判焼きのような菓子で、もともと同店だけの限定商品。問題発覚後も購入者が後を絶たず、13日も行列ができた

スポニチAnnexニュースより引用。

このペコちゃん焼、僕の家の近く、飯田橋のあたりの店舗で売っている、日本に二つとない商品。
最近テレビのニュースでもよく出てきますよね。


これがそのペコちゃん焼です。


f0013495_2340262.jpg


f0013495_2341763.jpg


f0013495_23413372.jpg


f0013495_2342582.jpg





超こええええええええええんですけど!


いや、完全キレてるね、これは、ペコちゃんキレちゃってるね!
ペコりどころじゃないっすよ。
人を殺しかねん、というか何人か殺ってる顔してるね!


ちなみに…

f0013495_23454675.jpg


量産されるペコ氏

なんかもう、シュール。

いや、よく通ってた道で毎日こんな危険な人物が生産されていようとは。
彼女とかと、「いつか食べようねー」とか言ってたけど、あぶねーあぶねー。




散々不二家を馬鹿にしたような記事でしたが、僕は一刻もはやく不二家に信頼を回復させて欲しいと願っています。業務提携してた森永が吸収合併するとかっていう動きもあるようですが、とにかく社員のみなさん頑張って。
子供のころ食べたミルキーの味は忘れません。何たってママの味なんだもん。
なかなか出せませんよ、ママの味は。

そして早く僕の家にカントリーマアムを…。


f0013495_23552023.jpg

ボクのことも忘れないでね。
>ポコ
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-01-16 23:57 | 今日知るニュース

新年明けましておめでとうございます。

実家に帰ってました。
大学に入って初めて実家で年明けを迎えましたよ。

さて、一年の計は元旦にありということですが、なあんにも考えてないんだよなあ、今年の抱負。
なんだろう。

就職するぞ!

なんてあたりまえだもんなあ。同期はほとんどこの春から社会にでるんだもんなあ。。。

うーん

なんて考えているうちにもう5日かよ。

今年も例年通り平穏無事に過ごせればそれでいいかってなってくる。
ループ&ループ。
変化なくスパイラル。








さて。
話は変わって。

1月3日に、フジ系でドラマ
「明智光秀~神に愛されなかった男~」
が放映されました。
明智光秀~神に愛されなかった男~




僕は民放の時代劇は

大嫌いなんだけれど、

うん。
やっぱり民放に時代劇はやってほしくない。


時代考証はむちゃくちゃだし、展開が強引でまったく史実と違う。


比叡山焼き討ちあたりまではまあよかった。
けれど肝心の本能寺の変。
その動機が、もう、ね。

「信長は諸刃の剣だ」

「日本の将来を考えると、信長には死んでもらうしかない」

「しかし自分(光秀)には日本を治めるだけの器がない」

「秀吉に跡を託そう」

「羽柴殿!信長を殺した逆臣である私を討て!そして天下を治めてくだされー!!」


て、おい!

オナニーじゃん。
光秀のオナニーじゃん!!


「明智光秀~神に愛されなかったオナニスト~」


そりゃ愛されねえだろうよ!


山崎の合戦なんか、もう合戦してないもんね。

なんか竹やぶ(おそらく小栗栖をイメージしている)の中で秀吉軍と光秀軍が対峙して、秀吉と光秀が鉄砲もって登場。


光秀「遅かったな」





いや、はえええよ!!
めちゃくちゃはえええええええよ!!!!



約十日で備中高松から尼崎あたりまで帰ってきたんだぜ?


そんで、まさかこのまま一騎打ちですか?
と思っていると

お互い、持ってた鉄砲で撃ち合う始末。
光秀はわざとはずして、

明智光秀、山崎の合戦(かどうかも最早不明)でまさかの戦死。


いやあ散々だぜ。テレビ局に抗議電話入れるやつの気持ちがちょっとわかったよ。
で、ほんとに電話してやろうと思ったら


「この物語はフィクションです」



えええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!


普通、歴史もののドラマの場合

この物語は「史実を基にした」フィクションです。

とスーパーが入るはずなのだが、

このドラマではもはや史実を基にすらしてないらしい。

そりゃそうだよね!ありゃどう見てもファンタジーだもんね!!
つーか最後はコントになってるもんね!!

ああ、完全に逃げられた。
こんなんどう抗議しても
「だからフィクションだっつってんじゃん」
て言われておしまいだよ。


こういうドラマをだな、正月の暇なときに民放が一生懸命番宣して放映するとだな、いっぱいの人が観るでしょ。そしたらどっかのおバカさんがだな、
「光秀って、日本の将来を秀吉に託して、暴君信長を倒したんでしょ?」
とか言い出すわけだ。

あの世の光秀も信長も秀吉もいい迷惑だよ。


また、光秀の性格の設定が、「生真面目」
っていまさらなんにも目新しくないじゃんそんな光秀。

あと、信長役の上川隆也は、あんまりあってないような気がしたよ。
無理に信長をキチ○イっぽく見せようとして失敗してる気がする。ぜんぜん威厳ない。怖くない。

足利義昭の変態ぶりにも辟易させられた。
僕の大好きな谷原章介を使っておいてこれはないだろう。



と、つっこみどころ満載なドラマだったけど、演出面は金があるのか結構凝っていた。
特に本能寺や延暦寺が焼けるところ。
ちゃんとセットで堂宇を組んで燃やしていたから迫力あった。
けどそんなんじゃ騙されねえってばよ!!





ところで。

明智光秀でイメージ検索してたら、


こんな光秀さんがいらっしゃいました。

明智光秀さん


このお店には孔明さんもいました。
ワクテカなお店ですね。




今回は以上です。
ではまた。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-01-05 18:19 | 今日知る現実