<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

適塾的塾。

早稲田が麻疹休講になる前の週にちょいと大阪に行ってきましたよ。
今回は特に歴史の旅でもなかったのですが、たまたま宿をとったところの近くにかの有名な「適塾」がそのまま残っているというので、これは僕としては行くしかない、とつい行ってしまいました。

f0013495_4201498.jpg


適塾は緒方洪庵が大阪は瓦町に開いた蘭学の塾。
緒方洪庵、この人は僕の実家のある岡山を代表する偉人です。
岡山の足守というところの人。高校のころ足守に住む友達がいたのでその人の家に泊まって洪庵の生家を訪れたこともありました。
ちなみに足守はものすごーい田舎です。とってものんびりした場所ですよ。

緒方洪庵門下には、福沢諭吉橋本左内大鳥圭介など歴史好きでなくとも知っているような大物がズラリ。
あと面白いのが手塚治虫の曽祖父にあたる手塚良仙という人も門下にいたということ。
手塚家はもともと蘭方医だったらしく、良仙という名前もどうやら世襲ぽい。
良仙は明治維新後、陸軍医になって、西南戦争にも従軍したようですがそこで病に倒れたようです。

大漫画家との意外な接点。
こういうことがあるから史跡めぐりはやめられない。

適塾は明治維新後、大阪医学校という学校が新設され、そこに教師も塾生も全員移動、となり廃校となったようです。
大阪医学校は現在の大阪大学医学部の前身にあたるため、適塾は大阪大学医学部のルーツになるのですね。
そのためか、大阪大学が適塾のホームページ管理もしています。
大阪大学の適塾紹介ページ

f0013495_4243779.jpg

二階内部。
広いです。
ここで福沢諭吉とかが勉強してたんだー、と思うと興奮しますよ。

f0013495_4225881.jpg

内部から中庭の方を眺める。

f0013495_426097.jpg

ターヘルアナトミア。
「解体新書」です。

f0013495_4282532.jpg

外から、緒方洪庵の像とともに。

適塾はもともと、商家だったのを洪庵が買い取って塾にしたものなので、江戸時代末期の町屋の様子を現在に残す遺構としても貴重だということです。

下記は大阪大学の適塾紹介ページより引用。

適塾は元来は医学、医療を教育する塾であったが、青雲の志熱き若者である塾生たちにとってはオランダを通じてもたらされる最新の知識、技術には一々驚くものがあったのだろう。関心の赴くところを制限されることもなく各種の本をどん欲に読んだようで、その基礎となったのは、適塾で行われていた蘭書の会読会であった。判らぬ言葉の意味を探して、適塾に一冊しかなかったヅーフ辞書を奪いあうように利用した。そのため、辞書をおいた部屋はヅーフ部屋と呼ばれ、明かりが消える間がなかったといわれている。

塾生たちの勉強ぶりはすさまじかったようで、福沢諭吉にして、自伝の中で「凡そ勉強ということについてはこのうえにしようもないほどに勉強した」と述懐しているほどである。

このような自由闊達な塾風が、幕末から明治初期にあって各分野で活躍する多様な塾生を数多く輩出したのである。



どうもこの塾は先生が一方的に生徒に何かを教える、というタイプの塾ではなかったようです。
勉強したいことがあるからそこにいて、勉強したいことを勉強する。

僕も、いち学生として見習わなければなりませんね。


適塾に、学生の本分を思い起こさせていただきました(いまさらだけど)。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-05-24 04:35 | 今日知る旅行

早稲田大学全学休講。

今日は楽しみにしている授業がある日

日本近代の美術史の授業なんだけどとても学ぶべきことが多く充実した授業なんですね。


で、まあ意気揚々、学校に行ったわけです。

ところが。
そのときは気付かなかったけど、いま思うと早稲田駅周辺に学生が少なかった。明らかにいつもより少ない。

いつもだと、正直鬱陶しいくらい人で溢れてるのに、今日はどうもまばら。

でもそのときは何も気付きませんでした。


で、文学部の門に着いたところでようやく異変に気付く。


門が閉められてやんの。


門のところには警備員さんと、貼紙が。


『麻疹の流行を受けて本学も本日(21日)四限から29日まで全学閉塞致します。
学生の皆さんは動揺することなく速やかに帰宅すること

尚、30日以降については授業を再開する予定ではあるが、状況によっては引き続き休講の措置も有り得る』


とのことでした。



ん~。

麻疹の流行はもちろん知っていたし、都内の大学が次々休講してるのも知ってたけど。。。


なんか変な感じ。
学級閉鎖は小学校の頃、インフルエンザ大流行を受けて、経験ありだけど、大学全体てのはすげー話だ。

5万5千人の学生が思わぬゴールデンウィークを得たわけです。



この麻疹の流行はなんなんでしょう。

最近、『20世紀少年』読んでるから、『ともだち』の仕業か?細菌テロか?
と勘繰ったりしてますが(笑)

ニュースでこのことを知った両親から電話がきましたが、どうやら僕は子供のころにワクチンを接種してるらしい。
なるほど。


自分の周りには麻疹にかかった子いないから全く実感わかないなあ。


さていきなり暇になったこの一週間。

さてどうしたもんかな。。。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-05-21 23:17

TRAVISの新譜。

イギリスを代表する国民的バンド、TRAVIS

f0013495_21535845.jpg


新譜を聴いたよ。というか買ったよ。

Good Feeling(1997)
The Man Who(1999)
The Invisible Band(2001)
12 Memories(2003)

ときて今回の「The Boy With No Name」は五枚目のアルバム。


f0013495_22221784.jpg




ほとんどのバンドが五枚も出すともう、なんの進歩もないアルバムになっちゃうものですが、
TRAVISはどうか。。。?

ちまたの評価はとても高く、TRAVIS史上最高の出来とも言われてるようですが。



僕自身も、アルバムとしての完成度はかなり高いように感じました。
ただ、僕の中での彼らの最高のアルバム「12 Memories」は超えられなかったかな、というのが正直なところ。

「12 Memories」はものすごく内省的な音で、なんかじめじめした、すごくイギリスらしい傑作だったんですよね、僕の中では。

今回のはなんだか原点回帰っぽいところもあるような、「The Invisible Band」的なさわやかな、美しいサウンドが目立つ気がします。

ただ、「12 Memories」はアルバム全体を聴くというよりは「The Beautiful Occupation」やら「Re-Offender」やらの名曲を何曲かつまみ食いする感じでした。たるい曲もあるので、正直。

今作「The Boy With No Name」は捨て曲がないんだな。
そういう意味でアルバムとしての完成度は高いと思う。
「Sing」や「Why Does It Always Rain On Me?」「Flowers In The Window」みたいな、ものすごい名曲!てのはないかな。
ただ全曲粒ぞろいでとても聴きやすい。強いて印象に残るのを挙げると
「Selfish Jean」「Closer」とかかな。

「Closer」はソニーミュージックオンラインでプロモがただで観えますよ。お試しあれ。
ちなみに全曲試聴できます。

今年はサマソニにも来るようだし。
けど千葉マリンでは聴きたくないなあ。
ちっちゃなハコで聴くのが一番似合うバンドだと思うんだけどなあ。
サマソニ03のときは幕張メッセのステージだったから映えてたもん。
同時刻にブラーが千葉マリンでやってて大忙しだったけど。
しかしブラーをグレアムがすでにいなかったにせよ観えたのは良かったよなあ。。。

とちょっと感傷に浸ってしまいましたが。
TRAVIS、聴いてみてください。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-05-18 22:26 | 今日知る音楽

就活終了とブログ再開。

4月1日の更新を最後に途絶えていたこのブログ。
就活も終了したので今日からまた再開ですよっと。

とはいえしばらく更新せずだったから読者様も離れてしまったかも。。。

就活はゲームメーカーのゲームプランナー職で内定をいただきました。
ガチガチの文系な僕が開発職に就かせてもらってもいいのだろうか、とも思いますが、これから一年間、プログラミングの勉強だとか、できる範囲のことは勉強していこうと思っています。
ゲームを作る仕事。
子供のころから漠然とは夢見ていたものの自分がなれるわきゃないと思っていたのでうれしさと不安とでどきどきしています。

まあなんにせよ、学校卒業しないことにはどうしようもないので、学校ちゃんと行かなきゃなあ。


書きたいことは山ほどあるけどとりあえず今日はこの辺で。
これからもこのブログをよろしくお願いします。
[PR]
by jai-guru-deva | 2007-05-16 22:39 | 今日知る現実